醤油と味噌

九州の北の方に旅行に行ったことがある。ご飯は美味しいし人が親切なのが印象的だった。ちょうど空腹になったとき駅に回転寿司があったので入ってみた。新鮮でとても良かったのだが、醤油が甘くて軽くショックを受けた。関東人の私は寿司そのものが美味しかっただけに関東や関西のしょっぱい醤油で食べたかったなあとつい思ってしまった。逆に九州の人は東京に来ると甘い醤油が恋しくなるんじゃないだろうか。

 

私は一般に売っている濃口醤油を通常使っている。塩分控えめのものも試しに買ってみたことはあるが、普通の醤油の味の方がいい。塩分を控えたくなったら醤油そのものを控えめにすればいいんじゃないかと思ってリピートしていない。うすくち醤油はときどき使う。うすくち醤油の塩分は名前のイメージとは違ってむしろ高めらしい。

 

さて、味噌は白めのいわゆる信州味噌をよく使ってきた。味噌汁は味噌によって味がだいぶ変わる。気に入ったものをリピートしているがときどき違うものにチャレンジしてみる。旅行などで地方に行ったときに味噌もいろいろだと思う。東海地方出身の知人は、関東ではほとんど白めの味噌汁だけどやっぱり赤だしの味噌汁はホッとすると言っていた。

 

赤味噌と言えば味噌煮込みうどんである。私のお気に入りの山本屋本店は東京には出店していないので食べたくなったら名古屋に行くしかないと思っていたが、イトーヨーカドーに袋入りのものが売られていたのを見かけたので買った。やっぱり店にはかなわないけれどこれはこれでいいものだ。名古屋出身の知人に「名古屋ってご飯美味しいよね」というと怪訝な顔をされたことがある。何故?味噌煮込みうどんもひつまぶしも美味ではないか。

 

九州の方では味噌も甘めの麦味噌があるらしい。近所のスーパーで麦と米の合わせ味噌を見かけたので買ってみた。味噌は甘めもいいものだ。それからときどきリピートしている。広島の合わせ味噌も気に入っている。麦味噌単体のものもあったら試してみようか。

 

ところで味噌をおにぎり全体に塗った味噌おにぎりは私の故郷ではよく食されている。そのままでもよし、焼いてもよし。大葉ではさんでもよし。実家ではご飯が余ると味噌おにぎりにするが、テーブルに出すといつの間にかなくなっている。関西出身の知人は関東に来てから味噌おにぎりを知ったらしい。関西にはないけど美味しいよねと言っている。まだ試していない人は是非試してほしい。素朴でいいものだ。